MENU

内科・皮膚科疾患のお話

Blog

糖尿病と熱中症

熱中症とは、熱によって起こるさまざまな身体の異常のことをいいます。 からだがうまく体温調節がとれず、体内に熱がたまってしまうことで発症します。 小児や高齢者、糖尿病など持病のある方は、体温調節機能が弱いため熱中症にかかりやすいので注意が必要だといわれています。 糖尿病の方がそうでない方に比べて熱中症になりやすい主な原因として、 ・汗がかきづらいため、身体を冷やすことができに...

ケミカルピーリングの再開について

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から皮膚科のケミカルピーリングの施術を休止しておりましたが、緊急事態宣言解除に伴い6月1日より通常通りケミカルピーリングの施術を再開いたします。 ケミカルピーリングは予約制となっておりますので、ご希望の方はお手数ですが一度クリニックまでお問い合わせくださいますようお願い致します。 引き続き消毒やマスク着用、換気などの対策を徹底してまいりますが、来院に際して患者...

痛風発作について

痛風発作はどのようにして起こるのでしょうか。 血液中に溶け込んでいる尿酸が増加すると、溶けきれない尿酸がでてきます。 溶けきれない過剰な尿酸が結晶化して関節にたまります。 運動など何かのきっかけで結晶の一部が関節液中に剥がれ落ちると、白血球がそこに集まってきて攻撃してしまいます。 そして白血球が攻撃を始めたときに炎症を起こす物質が出て、これが痛みの原因となります。 痛風発作を予防するためには尿酸値...

大動脈瘤について

大動脈は人体の中で最も太い血管です。心臓から送り出された血液はまず大動脈を通り、そこから体の隅々に血管が枝分かれしていき、血液が運ばれて行きます。 この大動脈が「こぶ」のように病的にふくらんだ状態(約30~40㎜以上)を大動脈瘤といいます。 大動脈瘤は自覚症状がないまま大きくなる場合が多く、他の病気で腹部の超音波検査やCT検査を受けた時に、偶然発見されることがほとんどです。 気付かないうちに大動脈...
1 2 3 4 5 23
Page Top