MENU

内科・皮膚科疾患のお話

Blog

減感作療法とレントゲンキャンペーン始めました

★6月1日より、減感作療法(アレルゲン免疫療法)を始めました。 アレルゲン免疫療法とは、アレルゲン(アレルギーの原因物質)を投与していくことにより、アレルギー症状を緩和する治療法です。 アレルギー性鼻炎を対象とした舌下免疫療法では、症状の改善、抗アレルギー剤などの薬剤の使用量の減少、QOL(生活の質)の改善などが期待されます。 当院ではスギ花粉症の舌下免疫療法薬(シダキュア)と、ダニアレルギーの舌...

糖尿病の方は足の観察も行いましょう

糖尿病の方は、足の血管が狭くなることや神経の機能が弱くなることによって、足にトラブルが起こりやすくなります。また、足の感覚が低下するなどの神経障害を合併していると、痛みなどの症状が出現しにくく、重篤な状態になるまで気づかれないこともあります。 潰瘍ができたり、細菌や真菌の感染を起こしたりしやすくなると言われています。 ・足が変形していないか、タコなどはないか ・潰瘍、壊疽はないか ・水虫や細菌に感...

日本人は糖尿病になりやすい?

実は、日本人は欧米人と比べて糖尿病になりやすいというお話があります。 2型糖尿病の原因の一つに、インスリン分泌能の低下があります。 欧米人はインスリン分泌能が高く、大量の糖を速やかに貯蔵できる遺伝的体質があります。これにより肥満であってもインスリンが分泌されているうちは糖尿病を発症しません。(※肥満が進むとインスリン分泌能が低下し、糖尿病を発症します) 日本時は欧米人に比べてインスリン分泌能は半分...

糖尿病の主な合併症について

糖尿病の主な合併症として、糖尿病網膜症、糖尿病神経障害、糖尿病腎症があります。 血糖値が高い状態が続くと、神経や臓器などの細い血管(細小血管)が障害を受けて、血液が漏れ出たり詰まったりすることが原因です。 糖尿病網膜症は悪化すると失明に至ることがあります。 糖尿病性神経障害は悪化すると手足の壊疽がおこります。 また、糖尿病性腎症が悪化した場合は透析治療が必要になります。 これらの合併症を防ぐために...
1 2 3 4 5 22
Page Top