MENU

内科・皮膚科疾患のお話

Blog

鉄欠乏性貧血について

貧血の原因には様々なものがあります。鉄欠乏性貧血は、赤血球の材料である鉄が不足しておこる貧血です。 食事からの鉄の摂取が不足や、消化管の病気により鉄の吸収率が落ちることによって鉄不足になり、鉄欠乏性貧血になることがあります。 日本では貧血の7割がこの鉄欠乏性貧血だと言われています。 特に女性は体内の鉄の貯蔵量が男性より少ない上、生理や妊娠、無理なダイエットなどで鉄不足になりやすくなります。 貧血は...

自然気胸について

自然気胸は肺の表面近くに風船様のものができ、その部分が裂けて空気が肺の外側に漏れてしまうことによりおきます。肺から空気が漏れ出た結果、肺が縮んでしまい、肺の縮んだ部分には空気が入ってこないので、そこでは酸素の体への取り込みをすることができず、放置してしまうと肺の機能が損なわれ生命の危機に陥ってしまう恐れもあります。症状は程度によって様々です。無症状の時もありますが、主に息切れ、胸の痛みや咳が出たり...

前立腺肥大症について

尿が出にくくなる原因の1つに、前立腺肥大症の可能性があります。 前立腺とは、男性の膀胱の下にある臓器です。膀胱の下にある前立腺が肥大すると、尿道を圧迫し、尿が出にくくなります。 加齢とともに前立腺が肥大するか頻度が増えます。50歳前後で多くなるといわれています。 同じく前立腺に発生する病気として前立腺癌があります。こちらは進行すると尿が出にくくなるなどの症状が起こります。 当院では採血、腹部エコー...

肝血管腫について

肝臓は血管の豊富な臓器なので、血管の一部が腫瘤のように発育することがあり、肝血管腫と呼ばれます。肝臓にできる良性腫瘍のなかで一番多くみられ、定期健診などの腹部エコーで偶然見つかります。自覚症状もないため、血液検査で肝機能に異常がみられず、定期検査で急激に大きくなることがなければ、特に治療の必要のない良性腫瘍です。1年に1度は超音波検査などで経過を見ましょう。 ...
1 19 20 21 22 23 24 25 26 27 38
Page Top