MENU

内科・皮膚科疾患のお話

Blog

イボについて

イボは尋常性疣贅と言われる病気で、ヒトパピローマウイルスと呼ばれるウイルス感染です。正常の皮膚はバリアー構造があり、触れて感染することはあまりないですが、小さな傷などがあることで感染してしまうことがあります。 またイボだと思っていたら別の腫瘍だったりすることもありますので、新しく出来物が出来たり、それが大きくなってくる場合は一度診させていただければと思います。 治療は液体窒素による冷凍凝固治療や、...

熱傷について

熱傷(やけど)は高温の物に触れて起きる皮膚の損傷です。初めは軽度に見えても、熱による障害が徐々に進行し、水ぶくれが出来たり、潰瘍になってしまうこともあります。 熱傷はとにかく早い対応が肝心です。病院に来る前に、まずは自宅で水で冷やし(水道水で構いません)、冷たいタオルなどで冷やしながら、すぐに来院してください。 熱傷部位が広範囲に及ぶ場合や、患部に痛みを感じない場合などは重症のため、適切な病院へ搬...

脂漏性皮膚炎について

脂漏性皮膚炎とは顔や頭皮などの皮脂分泌が多い所にできやすい湿疹です。 原因としては、マラセチアというカビの一種が関与していると言われています。マラセチアはもともと常在菌と言って、皮膚に誰もがもっている真菌になりますが、これが皮脂や汗などによって増殖し悪さをします。他にも皮膚の乾燥や、ストレスなども悪化要因と言われていますが、まだすべての原因がはっきりしていない病気でもあります。 治療には時間がかか...

痛風発作について

痛風発作は、体に溜まった尿酸が結晶化し、関節に炎症を起こす病気です。主に足の親指の付け根辺りが急に腫れて激痛を起こすことが多く、歩けなくなってしまいます。 痛風発作は、高尿酸血症の方に起きる病気で、食べ過ぎ、アルコール、脱水などが原因で起こりやすいです。 治療はまずは痛み、炎症を取る薬を使い、足を安静に保ちます。お酒を飲まれる方はしばらく禁酒になります。炎症が落ち着いてから、尿酸を下げるを薬を使い...
1 27 28 29 30 31 32 33 34 35 37
Page Top