MENU

内科・皮膚科疾患のお話

Blog

大人の手足口病について

5歳以下のお子様がかかることが多い手足口病ですが、大人もかかることがあります。 大人が手足口病にかかった場合、子供よりも重症化することがあると言われています。 子供と同じように、大人の手足口病も手や足、お尻などに発疹が出たり、口内炎が多発したりします。口内炎の痛みで食欲が低下したりします。 また、風邪のような症状が出たり発熱症状が出たりします。 子供は微熱程度のことが多いですが、大人の場合40度近...

手足口病について

暖かくなってきて過ごしやすい季節になってきました。 インフルエンザや風邪の流行も落ち着いてきましたね。 ですがこの季節にも流行する病気はあります。 5月ごろから夏季にかけて流行する病気の1つに、手足口病があります。 手足口病の原因はウイルスです。 最初に口の中の痛みが症状として出ます。口内には白いポツポツができます。この時点では口内炎のようにも見えます。 次第に手や足、膝、臀部などに小さい赤みのあ...

にきびの治療について

皮膚科でにきびの治療ができることはご存知の方が多いと思いますが、実際ににきびができたとき受診される方の割合は少ないと言われています。 にきびで皮膚科を受診した場合、にきびをできにくくする薬や、抗生物質の飲み薬と塗り薬などを症状によって組み合わせて治療していくことが多くなります。 病院の薬は一般に宣伝することができない決まりになっています。なのでテレビや雑誌のCMなどで見ることはできませんが、有効性...

胆嚢ポリープとは

胆嚢ポリープとは、胆嚢の内側にできる隆起性変化のことです。 胆嚢ポリープの中で一番多いのはコレステロールポリープです。 胆汁に含まれるコレステロールが胆嚢の壁にしみ込んで沈着し、粘膜が隆起したものです。 胆嚢ポリープだけでは症状は特にありません。胆石や胆嚢炎などを合併した場合はみぞおちの痛みや不快感などの症状が出ます。 症状がないので、健康診断や人間ドッグの時に超音波検査などで偶然見つかることが多...
1 2 3 4 5 6 7 8 9 31
Page Top