葛西内科皮膚科クリニック

葛西内科皮膚科クリニック

MENU

内科・皮膚科疾患のお話

Blog

おむつかぶれについて

赤ちゃんのおむつかぶれに頭を悩ませる親御さんも多いのではないでしょうか。

おむつを長時間あてたままにしておくと、皮膚が蒸れてふやけ、傷つきやすくなります。

これがおむつかぶれの原因です。

また、尿中のアンモニアや便の酵素などが皮膚の刺激となって、おむつかぶれをおこすことがあります。

おむつに当たるところが赤くなったり、ブツブツしたものができたりします。悪化すると水ぶくれができたり皮膚がむけたり、ただれたりしてきます。

症状が軽い時は、おしりをよく洗って清潔にすると自然に治りますが、炎症が強い時は症状に合わせた塗り薬を使用することをお勧めします。

また、似た症状にカンジダ感染があります。カンジダはカビの一種で、かぶれとは違うお薬での治療となります。

おむつかぶれ等赤ちゃんのお肌で心配なことがあれば、小児皮膚科を受診しましょう。

小児皮膚科もおこなっております。葛西内科皮膚科クリニック

Page Top